高度な専門知識が必要です|整体師になるには専門学校に通って資格習得するのが大前提

整体師になるには専門学校に通って資格習得するのが大前提

男の人

高度な専門知識が必要です

メンズ

難易度は低いのでしょうか

理学療法士になりたいと考えている人は必ずる理学療法士国家試験を受験し合格をしなければなりません。国家試験と聞くと気になってしまうのが試験の難易度です。合格率を見ていくとほとんどの年で合格率が約80%を超えていることを考えると、この国家試験の難易度は低いものと多くの人が考えてしまいます。理学療法士国家試験の難易度は簡単なものなのでしょうか。理学療法士とは、ケガや病気等で身体に障害などがある人に対して、座ることや立つこと、歩くことなどの基本的な動作のリハビリを行い、一人ひとりが自立をして日常生活ができる様に訓練をしていく専門家の事です。訓練は運動療法を行ったり電気刺激などの物理療法を行ったりしながら基本動作の回復を目的に訓練を行います。理学療法士の仕事をするには免許が必要で、国家試験に合格し取得しなければこの仕事をすることができません。

簡単な試験ではありません

ケガや障害のある人に適切な回復訓練を行うためには、その人の身体能力や障害の程度などに応じたリハビリを計画しなければならず、高度な専門知識をしっかり持っていなければできない仕事です。これほどの仕事をする理学療法士の国家試験は簡単ではないのです。なぜ80%を超える高い合格率なのでしょうか。国家試験に合格するために専門学校などで合格するためのカリキュラムが組まれています。また、受験する人が計画的に勉強をし積極的に取り組み国家試験合格を目指しています。受験した人のほとんどが合格できるのではなく、合格するために真剣に取り組み、頑張ってきた人たちが受験をしているので、あの様な高い合格率になっているのです。理学療法士国家試験は決してやさしい試験ではなく、志を持っている人でなければ合格することが難しい試験なのです。