高齢化社会に必要な仕事|整体師になるには専門学校に通って資格習得するのが大前提

整体師になるには専門学校に通って資格習得するのが大前提

男の人

高齢化社会に必要な仕事

整体

身体機能の回復へ

今、人の身体機能回復のために働く人として、理学療法士が上げられます。ですが世間の人は、この理学療法士と作業療法士の区別がつかないということが、多いのではないでしょうか。理学療法士の仕事としては、人が歩く、座る、立つ、そして寝返りをうつといった生活の中での基本動作の機能回復を図り、サポートを行なうことになります。この仕事は、運動療法と言われる関節の動きをスムーズにすることや、筋力の回復に努めます。また、物理療法と言われる電気治療や赤外線治療といった物理的な方法をもって、患者の能力回復に努めます。これに対し、作業療法士の仕事は、病気や事故によって体が不自由になった人や障害をかかえた人に対し、医師の指導の下で訓練を行ない、その人の能力を高めるサポートを行なうことです。これら資格を国家試験を必要するもので、その国家試験を受けるためには、専門学校や大学等に通い、必要な知識と技術を学ぶことになります。

国家資格が必要

理学療法士になるためには、厚生労働省が行なう理学療法士のための国家試験に合格する必要があります。そのためには、理学療法士になるための養成課程のある、大学、短大、専門学校等で3年以上学び、卒業することが条件となっています。国家試験を受け資格を取得したことで、勤務出来ることになるのが病院です。今では、リハビリ施設を備える病院が増えたこともあり、総合病院とか整形外科などでも、理学療法士が必要な時代となっています。また、病院以外の勤務先としてはリハビリテーションセンターとか、老人ホーム、障害者施設などが考えられます。更には、フィットネス施設で働く人も多くなりました。そこには、スポーツ選手などのリハビリを行う理学療法士が増えていることから、この施設でも必要とされる時代になったと言われます。